イベントやお祭り、ちょっとした展示会など […]

ノベルティグッズとしてうちわを配る

イベントやお祭り、ちょっとした展示会などで宣伝効果を狙ったうちわをよく手渡されると思います。

うちわも沢山作ると一本当たりの単価はどんどん下がっていき、100本単位では数百円するうちわも1000本、10000本になっていくと、数十円単位になっていくのです。

ですから、イベントなどでうちわを作るときには単価を考えて、ある程度まとめて作るのがオススメです。

定番うちわには、スタンダードサイズが選ばれるのが普通ですが、最近ではコンパクトサイズやミニサイズ、またコンサートなどで使われる大きめのサイズのうちわなどもたくさん用意されるようになっています。

また、【うちわのセオリー(URLhttp://www.cheaphotelsinmilan.org/)】によるとサイズだけではなく骨組みも多様になっているそうです。

このようにうちわも昔に比べて誰もが個性を出しやすくなってきています。

ですからノベルティグッズとしてうちわを配るのか、販売するのかによって、他のうちわとの差別化も意識する必要があります。

ノベルティグッズでも長く使ってもらえれば、それだけ広告宣伝効果が高いということになるのです。